築5年以内(築浅)のマンションを売る時の注意点

築5年以内の築浅のマンション売却には注意が必要!ポイントまとめ!

築浅とは?意味について分かりやすく冒頭で紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。漢字の通り言えば建築されてまだ日浅いと推測することができます。築浅マンション・一戸建てとは何年くらいのことを指すのが一般的なのかと言えば5年以内と黙認してるケースがインターネット上でいろいろ調べてみた結果においては多いのではないでしょうか?

 

ただ、広告を見る1人一人の認識が別々で築浅マンション売却を考えている人の中においても3年と判断する人もいれば5年と思っている人もいるのが現状です。さらに言えば5年~10年くらいと把握している方もいるみたいですね。いろいろと調べてみましたが、築浅=何年と言うのは明確に基準が定められている訳ではないみたいですね。不動産用語って結構難しいなと思ったところで、今回は築5年以内マンション売却相場・築浅の一戸建て売る!について徹底的にリサーチして紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

一般的に5年以内でマンションを売ると考えると「早すぎ!」と内心思う方もいるみたいですが、実は最近ではこうした築浅で家・住宅物件を売却する人は結構増えているのです。

 

5年以内で手放す・処分することを現在において視野に入れている方に知っておいて欲しい注意点のポイントについてもまとめていますので、必要であれば是非参考に見てくださいませ。なお、最新の情報を確認したいのであれば築浅マンション売却を検討してくれる不動産仲介会社の担当者に詳しく説明を受けると共に注意点についても再度確認しておくことをおすすめします。

 

高く売るなら築浅不動産がおすすめ?メリットを解説!

 

マンション・一戸建てを売却する中で抑えておきたいポイントの1つが築年数を重ねるごとに家の価値は年々低下するという事実です。その理由は需要と供給のバランスが大きく影響します。

 

例えばマイホームを購入する立場からすると新しいのと古い住宅物件では出来るだけ築浅の方が好ましいのは当然ですね。年期が入ってていいね!という方についても稀にいるかもしれませんが、明らかに少数派であると言えるでしょう。日本においては築浅の5年以内でマンション売却などをするのが高く売るコツの1つのポイントになっているのではないか?と思います。またまた、例えばになりますが、築5年と築6年、さらに言えば9年と10年、15年と14年など切りの良い年数の場合ですと結構買い手の印象は異なりますよね?家やマンションの購入経験がない相続パターンの人については消費者目線になってみると分かりやすいのではないでしょうか?

 

商品価格が30,000円と29,800円では200円しか違いはないのになぜかインパクトが違いますよね?3万円台と2万円台の壁みたいなものはありますからね。目安として築5年でマンション売却を検討するのも1つの手かなと思います。

 

実際に6年、7年、8年・・・と購入後からダラダラ期間を先延ばしにするとやはり価格を下げなければ売れないようになってしまうこともしばしばありますからね。できるだけ購入した時に近い価格・値段で売るなら築浅がおすすめですね。築5年がターニングポイントになる!

 

築5年で家売る場合の注意点!デメリットはココ!

 

マンションから一戸建てに買い替えを検討してる方・その逆、さらに賃貸物件に移住する方についても心配要素になってくるのはやはり住宅ローンなどの借金ではないでしょうか?

 

返済する目途はあるのか?買い替えるための貯金はあるのか?などについては十分考慮する必要があると言えるのではないでしょうか?

 

また、築5年マンション売却相場の価格・値段下がりなどトータル的に視野に入れるために不動産査定サイトでどのくらいの鑑定評価がされるのか?について知っておくことは非常に大切なことになります。これについても高く売るコツの1つとして紹介されていることが多いので、少しでも考えているのであれば一度査定をすることを推奨します。