住宅ローン返済できない!家を売却するべき?

住宅ローン返済できない場合はどうする?売却するべき?

夢のマイホームを購入したが、維持することが難しくなってしまった・・・。そんな口コミ体験談を持っている不幸な方も世の中には結構いるのではないでしょうか?

 

今回の企画コーナーでは住宅ローン返済できない場合はどうする?売却するべき?というちょっと難しい問題に考えていきたいと思います。これから住宅ローンを組む方についても、返済することに行き詰ってしまっている方の両方に注目しておいて頂ければと思っています。弁護士に任意売却の相談をするべきなのか?についても合わせて解説していきたいと思いますので、悩みを抱えている方についてもこれから住宅ローン支払えない場合に陥る確率がある方は要チェックです。不動産売却を決断するのはせっかく購入したり、建てたりしたのに何だか寂しいですからね。方法があればどうにか切り抜けたいところだと思います。

 

 

給料・賞与(ボーナス)削減でピンチ!?

 

大企業に勤めている方なら住宅ローンの返済は安心か?と言えばそうでもないみたいですね。誰もが知る有名企業でさえ大幅の給料削減・ボーナス削減によって年収が毎年のように低くなっていると悩んでいる方は数多くいます。

 

気が付いたら住宅ローンの毎月の返済が厳しくなってきたという事態に誰でもなる可能性はあるのです。一般的にこのような悩みを抱えるのは景気の波に左右されやすいと言われている中小企業であるイメージが強いのですが、近年では大企業でも大量のリストラをする時代ですし、前年度と比較して会社全体の平均年収が200万円以上下がっている上場企業も決して珍しくない状況です。誰でも給与削減等のリスクを頭に入れておくことは非常に大切なことになります。

 

しかし、人生で一番のお買いものになる住宅購入において妥協しない人は結構多いのです。簡単に言えば多少無理をしてでも理想に近い住宅を求めますので、見栄等もあり、年収と見合わない金額の物件を購入する方が多いみたいですね。不動産会社の営業マンについても何としても戸建やマンション売却に成功して歩合で月収を上げたいので中には多少無理させる人も多いみたいですね。例で言えば「年収500万円なんですけど大丈夫ですか?」、「年収500万円でこれくらいの金額で購入される方は多いです!」みたいにね。

 

住宅ローンは破産のキッカケに?多重債務者にならないためには?

 

住宅ローンの返済をキッカケに家庭崩壊・破産する例は珍しくないと言われています。自己破産を検討する方もいるみたいですが、任意売却を視野に入れることを個人的にはおすすめします。

 

詳しい任意売却の最新情報については弁護士等のご相談することを推奨します。住宅ローン返済できない悪循環は人によっては窮地に落とされるケースもあるみたいですね。

 

体験談口コミ等を見る住宅ローン返済を何が何でもしようとクレジットカードローン、消費者金融キャッシングなど複数の賃金業者に借りて利息が膨らみパンクするケースもありますので、多重債務者になる方もいるのです。それらの予防策については自分の年収に見合った戸建・マンション購入を心にすることと返済できないと思ったらすぐに専門家に任意売却の相談をすることが大切になります。

 

住宅ローンが払えない、今後払えない状況になる可能性が高い方は任意売却(任意売買)について注目しておくことをおすすめします。差し押さえられて競売される前に行動に移したいところです。

 

住宅ローンの督促・催促状がキツイ

 

お金を貸した銀行マンについても支払えない債務者には厳しいこともあります。「貸す時はあんなに優しかったのに!」と不満に思うかもしれませんが、これが現実です。督促状や催促状を送るのは彼等も自分の仕事をしてるだけの話ですからね。