田舎の土地処分方法と有効活用に関するまとめ!

田舎の土地処分&売れない時の対処方法

実家の田舎の土地を相続した場合によくあるパターンが受け継いでおいて「いらない!」となるケースですね。田舎の土地処分・売却に悩まされている方は結構多いのではないでしょうか?

 

不動産仲介会社に行って相談しても田舎土地が売れない!なんてこともあるでしょう。そんな時でも売るコツやどうしてもの場合の有効活用方法についても今回はいろいろまとめていますので、どうぞ参考にしてくださいね。

 

田舎土地を売りたいけど売れない・・・みたいな悩みを抱えている方に後ほどアドバイスになるメッセージについても配信していきたいと思いますので、見てみてください。

 

いらない!という方も多い!

 

「田舎土地いらない」と思うのであれば売却するのも1つの手です。有効活用しないのに固定資産税だけ払っているのって馬鹿らしくないですか?

 

使わない携帯電話・スマートフォンに毎月お金を支払っているような無駄使いとしても考えられると思います。

 

土地の活用と言えばビジネスシーンを思い浮かべますが、メインの仕事で忙しいという方については一掃のこと「捨てたい!」と困っている方もいるはずです。田舎土地を売却するのはそのような人たちにとってはメリットになるのではないでしょうか?広さによっても異なりますが、基本的にそれほど坪単価については期待するこはできないとは思いますが、余っている土地を査定する価値は十分にあるはずです。

 

また、田舎土地を売る時の注意点としては建物が特に無いので劣化するとか古くなるとかの表現がされないのが魅力的です。そのためあえて焦って安い値段・価格で手放す・処分する必要はないのかなと個人的には思います。まとまったお金が必要なのであれば仕方無いのですが、すぐに売れるように妥協するのではなく、相場価格でしっかり田舎土地を売りたい!という方も多いと思いますので、その点については考慮しておくことをおすすめします。

 

パーキングは月極め駐車場は難しい?

 

有効活用ですぐに誰でも思い出すのが駐車場ビジネスではないか?と思います。田舎と言えば移動するために自家用車を使うのではないか?ニーズはありそうな気も一見しますが、普通に考えるとそのような地域は住まいは大抵一戸建てです。アパート・マンションのような賃貸物件は少なく、それぞれの住民は自宅の駐車場を確保しているケースが多いのです。ですのでそのようなエリアにおいてはパーキングなどはほとんど見かけないのです。

 

また、ここでのポイントは安易に田舎土地を有効活用しよう!と焦らないことが大切になります。相続税対策でアパート・マンションを建設しないか?と相談に来る不動産営業マンもいるかもしれませんが、知識がないままそのような規模の大きな投資に手を出すのは危険と言えます。ある程度の勉強は必要になる分野になりますので、慎重に行動することが望ましいと言えるでしょう。

 

最近ですと上記の王道系以外についても東日本大震災・福島原発問題以降に注目を集めているのが太陽光発電・ソーラーパネル事業になります。本当に有効活用する気があるのであれば幅広い分野についていろいろと調べてみることをおすすめします。田舎土地と言ってもその種類や活かし方については本当に様々ありますからね。また、相場価格について鑑定してもらいたいのであれば不動産査定一括オンラインサービスを利用することをおすすめします。安いと思っていた田舎土地は実はプレミアム級の希少価値の高い土地の可能性もありますので、一度査定してもらうことをおすすめします。