築年数別のマンション売却価格相場

築年数別でマンション売却価格相場をまとめました!

築年数別にマンション売却や一戸建て・家売却を検討している方のために築1年など生まれたばかりの建築物から新築購入後10年、20年と油の乗った時期、さらには老朽化で不安視する方が増えると言われている築30年、築40年、築50年と徹底的にマンション売却価格の相場(家・戸建を含む)について表にして比較することができるようにまとめていますので、どうぞご覧くださいませ。今はまだ家(戸建)・マンションなどの不動産を売る気はなくても今後いつかは老後の資金確保のためや第二の人生のためにお金を用意したいと所有してる住宅物件を処分しようと考えている方は非常に多いのではないでしょうか?実際に築年数でマンション売却価格の相場・平均金額を知ることができればタイミングを上手に決めることができたり、生活設計(ライフプランニング)についても計画しやすいのではないでしょうか?さらに言えば現在の状態の不動産売却の価格・値段について知る方法や新築からの価値低下状況など把握することができるツール・オンラインサービスについても後ほど紹介しますので、築年数で家売却を検討している方にとってはメリットは大きいと思います。マンション売却は税金・手続き・仲介業者との連携などちょっと不安要素もありますが、デメリットだけではなく当然のようにメリット・魅力についても存在します。売ることに対して損失の意識が高い人もいますが、そもそもほとんどのモノは購入した時点で価格相場が減っていきますので、これについては深く考えてもハッキリ言って仕方のない問題ではあります。その点を踏まえて築数のマンション価格相場(戸建・家含む)について見ていきましょう!

 

ちなみに下記の表については当サイトで集めた口コミ・評判・体験談、さらに実際の売り出し価格など様々な情報を考慮したあくまで筆者の予想相場になりますことご了承くださいませ。実際の築数別の平均金額とは異なる可能性がありますので、今回は%で新築購入後に年数を重ねるごとにどのくらい価値が目減りしていくのか?について分かる表を作成しましたので、参考程度にご活用ください!※あくまで個人の分析リサーチである点はお忘れなく!また、相場については購入当時の支払金額から考えて算出しています。下記の表から例を出すと購入金額1億円で築25年の場合ですと5000万円程度が相場になるということになります。もちろん物価の上昇や土地の公示価格等によって大幅に変わってくる可能性がありますので注意は必要です。また、下記のマンション売却になっていて家・戸建については多少異なります。

 

築年数(1年~30年)

価格相場

築年数(30年以上)

価格相場

築1年

98%

築31年

44%

築2年

95%

築32年

43%

築3年

92%

築33年

43%

築4年

92%

築34年

42%

築5年

90%

築35年

40%

築6年

90%

築36年

38%

築7年

90%

築37年

37%

築8年

87%

築38年

37%

築9年

86%

築39年

36%

築10年

80%

築40年

36%

築11年

80%

築41年

36%

築12年

77%

築42年

35%

築13年

76%

築43年

35%

築14年

74%

築44年

34%

築15年

69%

築45年

34%

築16年

65%

築46年

33%

築17年

61%

築47年

32%

築18年

59%

築48年

32%

築19年

57%

築49年

31%

築20年

56%

築50年

31%

築21年

55%

築51年

31%

築22年

54%

築52年

30%

築23年

53%

築53年

29%

築24年

51%

築54年

28%

築25年

50%

築55年

27%

築26年

49%

築56年

26%

築27年

48%

築57年

26%

築28年

47%

築58年

25%

築29年

46%

築59年

24%

築30年

45%

築60年

22%

 

住宅物件で売り出されているマンションの値段を見たり、口コミなどをチェックしていると築年数が古くても以外と売れるケースは多いのが特徴的です。今後においては築50年でマンション売却を検討するオーナーについても増えてくるのではないか?と個人的に予想しています。家を売るターニングポイントになるのは上記の築年数表を見ても分かると思いますが、築10年になる前に決断するかどうかになると個人的には考えています。築2年、3年、4年、5年までは税金対策上を考慮すると短期取引に当てはまりますので、できれば築5年~築10年でマンション売却をするのが個人的には理想的だと考えられます。築10年以上になると戸建・一軒家の場合でも買いたい人の需要が減る傾向があります。中古の一戸建ては築10年以内と条件で設定する人が多いためです。マイホームの購入については妥協しない消費者が多いので敬遠されてしまう可能性が高くなると言えます。

 

次におすすめの期間として挙げられるのは築11年~14年までになります。築15年以上ということで価格相場が下がるケースが個人的な調べでは多いように考えられます。築15年以内で家売却するのも1つの手と言えるのではないでしょうか?それを超えると築20年、25年、30年と緩やかに相場価格が減っていく推移が描かれていくのが一般的になります。築30年、築40年などで検討される方が最近で増えているような印象ですね。これはあくまで筆者の想定なのですが、娘・息子兄弟が全て立派に社会人になり、定年退職・再就職後から新しいスタートを切ろうと考える人が多いためであると思います。今後についてもおかしいなと思ったら口コミ・評判・体験談・2ch噂などを参考に微調整していきたいと思います。できるだけ最新情報を速報で掲載していきたいと考えていますので、今後もどうぞよろしくお願いします。


築年数別のマンション売却価格相場記事一覧

私の幼い頃の夢は大きな新築の一戸建て・マンションに住むことでした。やはり中古より誰も住んでいない自分だけの空間を子供ながらに理想としていたのだと思います。間取りについては兄と父・母の4人家族でしたので3LDK、4LDKを当時は想像してました。よくよく考えると小学生くらいだったのに最低でも6帖以上とかできれば8帖は欲しいとかいろいろと条件を考えて空想で楽しんでいた時代が懐かしいです。結局のところ多額...

建物は古くなると価値は低下するという事実についてはおそらく常識になっているかと思います。今回は老朽化のマンション処分・売却に関するテーマになります。古くなる前に一戸建て・家を含むマイホームを手放そうと考えている方についても一緒に見ていって下さいね。最近ですとマンション敷地売却制度などについても話題になっていますので、それについても一部触れていきたいと考えています。簡単に言えばこの制度によって老朽化...

最近ですと未婚率が高いのと同時に離婚率についても上昇傾向にある事実を知っていますか?一番運が悪いパターンはマイホームを購入した後に夫婦問題が生じてお互い違う人生を歩むことを選択するパターンではないでしょうか?実はそんな最悪のタイミングある!?と思われる方もいると思いますが、離婚でマンション売却、一戸建て・家売却を検討しなければいけない家庭は結構多いみたいです。財産分与、名義変更費用・税金、住宅ロー...

築浅とは?意味について分かりやすく冒頭で紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。漢字の通り言えば建築されてまだ日浅いと推測することができます。築浅マンション・一戸建てとは何年くらいのことを指すのが一般的なのかと言えば5年以内と黙認してるケースがインターネット上でいろいろ調べてみた結果においては多いのではないでしょうか?ただ、広告を見る1人一人の認識が別々で築浅マンション売却を考...

夢のマイホーム購入から月日が経ち、そろそろ家・一戸建て購入後30年になる方、さらに言えば築30年以上の家を売却しようと検討している人についても少なくないのではないでしょうか?築30年以上の住宅物件を売るとなると30歳の時で手に入れたのであれば既に60歳以上、40歳で一戸建てをゲットしているのであれば70歳となります。また、住宅ローンにおいては25年、30年、35年など切りの良い年数で返済プラン・コ...

会社経営において事業規模の縮小のため、あるいわ場所を移転するために生産拠点である海外・国内の工場を閉鎖することを検討することはよくある話です。閉鎖するにしても工場を借りているのではなく、購入して所有しているであれば売っていくらかお金にしたいと考える会社も結構多いのではないでしょうか?規模の大きな工場・倉庫であればそれなりのまとまった金額で売却されるケースも結構ありますからね。また、最近では中国・ベ...